ごあいさつ

当院は1982年に地域の皆様と共にある病院として開設されました。個人病院レベルでは全ての状況に対応するということは困難ですが,地域開業医や救急病院施設と連携し,急性疾患はもとより,慢性疾患の状態から社会復帰への橋渡しを含めた幅広い医療の提供を目的としています。

病院といえども健全な経営なくしては適正な医療レベルを維持できません。適正な収益は人員・設備の充実へとつながり,患者さんへ還元されることとなります。このように医療レベルと病院経営の健全化とは表裏一体のものです。

「保健診療には限界がある」という声を聞きますが,私はそうは思いません。日常診療におけるほとんど全てのものが保険診療で認められています。過剰検査や投薬が問題になっているのです。個々の患者さんについて「よく診て,よく考える」ということが求められているのです。おのずと医学的にも経営的にも適正な診療が実践できると考えています。

病院理念

  1. 地域住民と共にある病院 ― 患者さんの一日も早い社会復帰、家庭復帰を願って地域社会の皆様から信頼と安心について共感を得られる病院作りを目指します。
  2. 人格尊重 ― 患者さんと家族本位の医療に努め、安全を確保し、プライドとプライバシーを尊重します。
  3. 相互信頼 ― 患者さんのために医師と職員はお互いの信頼のうえに立ち、その能力と個性を発揮し自己実現できる場をつくるとともに、互いの人格と能力を尊重し、協調に心がけます。

院長 廣田 喜代市