トピックス

設備紹介

新規導入設備、設備の更改についてご紹介します。下記の項目をクリックしてください。

骨密度測定装置

日立アロカ製の装置を他院に先駆けて導入しました。

加齢に伴い、骨の密度が減るのは避けられません。特に女性では閉経期の40~50歳代から女性ホルモンの分泌が減り、骨密度が低下するので、骨粗鬆症に陥りやすくなります。同年代の男性の2倍以上の骨粗鬆有病率を示しています。自覚症状が乏しいので、骨折するまで骨粗鬆症に気が付かないことが多く、骨折して生活に不便をきたし、寝たきりになることさえあります。このような事態になる前にご自分の骨密度を測定して骨粗鬆症に対処しましょう。

  • 自分が何歳相当の骨密度を持っているか知ることができます。
  • 検査にはおよそ5分かかります。着衣のままで検査できます。

マルチスライス・へリカルCTスキャン装置

東芝製マルチスライス・ヘリカルスキャン装置を設置して各種診断上の強力な武器として役立てています。
この装置は多断面を同時に撮影できるマルチスライス技術を搭載していますので、撮影時間の大幅な短縮と被ばく量の軽減が可能となり、頭部、胸部、腹部等全身の断面像や立体像(3D)の鮮明な画像を寝台に横になっているだけで安心して受けていただけます。


腹部3D画像



脳血管3D画像

新装トイレ

身体のご不自由な方のために多目的トイレットを男性用と女性用をそれぞれに用意しました。
一階受付の近くにあります。

  • 車椅子のまま利用できます。
  • 手すりを伝わって便座との往復ができます。
  • 扉の開閉と施錠が容易です。

50号線道路からの出入り口の拡幅

自動車でお越しいただく方、および救急車進入のために病院入り口の開口部を拡幅しました。

今までよりも安全に進入しやすくなりました。50号線を佐野方面からいらっしゃる方は「上渋垂町」交差点の右折車線からUターンするとすぐに広がった出入口が見えます。
または、この交差点を右折、200m進んで、病院の看板が出ている道路を右折してください。病院の裏手から進入できます。(病院地図